モチベーションを上げる方法

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

仕事のモチベーションの3つの要素

モチベーション,上げ方

「仕事が楽しくない」、「やる気が出ない」というあなた。
問題は環境ですか?自分自身でしょうか?それとも、他に原因となるものがあるのでしょうか?
仕事を持ちながら生活する方々が、自分に合ったスタイルを見つけるために考えるべきことについて少し触れています。
モチベーションといえば「仕事」に対する「やる気」と受け止められがちですが、「生活」や「遊び」に対するモチベーションや、そういった楽しみのために「仕事をサッと終わらせよう」と思うことも立派なモチベーションです。
少しでも意識や環境の改善に繋がれば幸いです。


仕事のやる気を引き出す!モチベーション3要素とは?

仕事や会社を選ぶにあたり、モチベーションに影響を与える要素とはどのような要素があるのでしょうか?
周りとの競争意識?
達成目標?
それとも金銭面などのベネフィット?
確かにそれぞれ重要です。すべての要素を個々に取り上げると重要度も十人十色でキリが無く、順位を確定することも出来ないでしょう。
しかし、一個人がそれを考え、気付くことには意味があるような気がします。
大雑把な括り方をしますが、社会人として企業の中で仕事をしていく上で重要な要素は3つです。
それは・・・

 

1.「地域」
2.「仕事内容」
3.「お金(報酬)」

 

ひとは、現状に不満がある場合、この三つのパイのうち、どの部分が自分にとって大切なのか考え、どこを大きくすれば納得するのか? どうすれば不満が
解消するのか? ということに自ら気づき、改善の努力をする必要があります。
それでは、具体的に詳細を見てみましょう。

 

1.「地域」を重視する場合

たとえば、生まれながらの地元や住みたい土地で仕事が出来るのであれば、多少給料が安くて、仕事がそこそこでも満足できるということ。
それが家庭の事情であれ、自分の趣向であれです。

 

2.「仕事」を重視する場合

やりがいのある仕事、好きな仕事が出来るのであれば、その他の部分では妥協できるということ。

 

3.「お金」の場合

給料や福利面さえ充実していれば、多少気に入らない仕事や環境でも我慢できるということ。

仕事のやる気が出ないときには。。。。

モチベーション,上げ方

人は仕事を選ぶ時、意識的または無意識にそういう要素を必ず考えているはずです。
しかし、実際仕事が始まってみれば、「こんなはずじゃなかった」「聞いていた(想像していた)ことと違う」などと、地域以外の要素では予想と違う部分が出てくることは多々あることではないでしょうか。
そう思った瞬間に3つの要素のバランスが崩れています。
良い方向にバランスが崩れている場合、不満が出ることは少ない。
「おかしい」と思った時に、「○○が嫌だ」とネガティブな部分を捉えてしまっては、すぐに転職や退職に向かうことになり、結果、無意識(他力本願)のうちにバランスが取れるまで転職を続けるか、転職を続けている間に気が付いて落ち着くかのどちらかではないでしょうか。
そうではなく、今の環境に何が足りない? 何が必要だ? と考え、自分にあった3要素のバランスを見つけることが重要なのです。
客観的に捉えると、最初からすべてを満たそうと考えること自体に無理があり、それでは不満ばかりになってしまっても仕方が無いことのように思えます。
たとえそれを分かっていても求めてしまうものでしょうが、まず、妥協できる部分とできない部分を切り分けて考えなければなりません。
頭では我慢できると思っても実際やってみると不満が募る場合も少なくありませんので、最低ラインを設定するのも良いかもしれません。
配分が決まれば、あとは、現状の組織で改善を目指すか、または転職という新たな道を選ぶのか、大きな選択肢はこの二つ。
この選択肢自体は、何も考えずに不満だけを持っていた頃と変わらないかもしれませんが、3つの要素を考えたことにより、より厳密な判断を下すことが出来るようになっているでしょう。
転職を考えていたのが、「もうちょっと今の組織でがんばってみよう」という気持ちに変わったかもしれません。
次のステップとして、目標を立て、周りと競争し、成果を出すことにより、「自分の納得する対価を得る」という良い循環を引き寄せることができるでしょう。
自分の望むパイを出来るだけ大きくしようと努力することが、パイ全体を大きくすることに繋がり、結果としてモチベーションを向上させることにも繋がるのではないでしょうか。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>