行政書士を独学で合格

頭の中に整理棚を作る

行政書士,独学,合格,勉強法

全体構造が把握できた状態とは、一言でいうと、行政書士試験のテキスト類の目次の概要を再現できる状態です。

 

目次は、編、章、款、節、目などから成っています。
目次はまるで樹形図のようになっています。
これこそが、体系であり、全体構造です。

 

この目次について、大まかに自分の頭の中で再現できれば、知識をしまって置く整理棚ができたことを意味します。
後は、個々の問題集を勉強していく過程で、細部の知識をこの整理棚に一つ一つしまって行けばいいことになります。

 

以上が、行政書士試験の問題やる前にその科目の全体構造をまず理解しておかなければならない、という理由なのです。