行政書士を独学で合格

まず、一流予備校の入門講座を聴くこと

行政書士,独学,合格,勉強法

通常どのような試験であれ、テキストを何度も読み込んで、その上で実際問題を解いてみる。
そして、理解不十分な箇所は、もう一度テキストに戻って理解し直し、もう一回問題にトライする・・・、大体皆このようなやり方でやると思います。

 

もちろん、間違ってはいないと思います。
しかし、今述べたように、勉強に慣れた秀才でない限り途中で挫折するわけです。

 

全くの初心者が始めて法律を学び習得するには、やはり先人の話を聴くことから始めるのがよいと思います。

 

合格者でもある講師は、自分自身も受験勉強で苦労した経験もあるわけで、皆が躓きやすいポイントを十分承知していますから、そのことを踏まえてわかりやすく解説してくれるでしょう。
また、全体構造を常に示しながら教えてくれることでしょう。

 

ですから、ここにお金を投資するのを躊躇してはなりません。
一流の予備校の講義を聴くお金がない人は借金してでも聴くべきであると思います。
その方が確実に受かるからです。
また、古いバージョンでも構いませんからオークションなんかで購入すればいいと思います。
商法など法改正がなされた点については、別途補充すればいいだけです。