勉強のいらない資格試験勉強法

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

実際の資格試験問題で試してみる

資格試験,勉強法

実践例2

 

【平成16年社会保険労務士試験択一式健康保険法第5問】
健康保険の被保険者・被扶養者に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

A 新たに企業に使用されることとなったものが、企業の内規により一定期間が試用期間となっていて、その終了時まで辞令が発せられず、その間の賃金額が試用期間後の賃金額と異なっている場合、健康保険の被保険者の資格は試用期間終了時に取得する。

 

B 健康保険法施行規則の改正により、平成14年6月より、一般の被保険者の資格の取得と喪失に関する届出及び被扶養者に関する届出が、磁気ディスクによってもできることとなった。
余事付加
瑣末な知識

 

C 被保険者の資格の取得及び喪失は、保険者の確認によって、その効力を生ずるが、任意継続被保険者及び特例退職被保険者の資格の得喪については、保険者の確認は行われない。なお、被保険者資格の得喪の確認は、事業者の届出若しくは被保険者または被保険者であったものの請求により、または職権で行う。

 

D 特例退職被保険者は、老人保健法の規定による医療を受けることができるに至ったときは、その日から特例退職被保険者の資格を喪失する。

 

E 任意継続被保険者は、被保険者資格を喪失したときは、その被保険者証を10日以内に社会保険事務所兆等または健康保険組合に提出しなけれ期間極端に短い選択肢ばならない。

 

常識に反する
期間

 

→BとCがあやしい。
→Bは当時の改正論点だけれど、どちらかといえば瑣末な知識

 

Cはなんだかわからないけど、制度面の話

 

→自信はないけどCを選択(正答はC)


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>