勉強のいらない資格試験勉強法

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

知識がなくても資格試験の問題に正解する事例

資格試験,勉強法

実践例
説明だけではわかりにくいので、実践例でも説明します。

 

実践例1
【平成16年社会保険労務士試験択一式労働基準法第1問】
労働基準法の総則等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

A 船員法第1条第1項に規定する船員については労働基準法は適用されず、したがって、同法第1条「労働条件の原則」、第2条「労働条件の決定」等の労働憲章的部分も、当然適用されない。

 

B 家事使用人と雇主との間に結ばれる家事一般に従事するための契約は、民法上の雇用契約であると同時に労働基準法が適用される労働契約でも常識に反するある。

 

C ある法人企業の代表者が労働基準法第24条の規定に違反して賃金を支払わなかった場合には、法人の代表者の行為は法人の行為として評価されるから、当該賃金の不払いについては、当該法人企業に対してのみ罰常識に反する則が科される。

 

D 公職に就任することが会社業務の遂行を著しく阻害するおそれのある場合においては、公職の就任を使用者の昇任にかからしめ、その承認を得ずして公職に就任したものを懲戒解雇に付する旨の就業規則の条項を適用して従業員を懲戒解雇に付することも許されるとするのが最高裁の判常識に反する例である。

 

E 労働基準法第15条に基づいて明示すべき労働条件の範囲は、同法第1条「労働条件の原則」及び第2条「労働条件の決定」で言う労働条件の範囲とは異なる。

 

 

常識に反する
限定的文言

 

→上記項目に引っかからないのはE。

 

→Eは制度の大きな話であり、重要な話

 

→Eを選択(実際の正答もE)


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>