勉強のいらない資格試験勉強法

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不正解の選択肢の可能性が高いもの

資格試験,勉強法

@文章が極端に短いもの

通常、それぞれの選択肢の文章は、同じくらいに作られます。
それが、極端に短いということは、何らかの調整するために、元の文章の一部を削除した可能性が高いのです。
このとき、一つしかない正解の選択肢で文章を削除してしまうと、問題の難易度が極端に変化してしまうおそれがあります。
一方、複数ある不正解の選択肢でやっておけば、そうした心配はありません。
極端に短い選択肢は、調整のために文章が削られた可能性が高く、不正解の選択肢である可能性も高いのです。

 

 

A瑣末な知識を問うもの

出題者が作問するとき、合格者に知っておいてもらいたい重要事項に注目して正解の選択肢を作ります。
そして、その選択肢が見つかりにくいように、関連分野から不正解の選択肢を作ります。
ということは、正解の選択肢は不正解の選択肢よりも重要事項に関する内容である可能性が高くなります。
逆に言えば、瑣末な知識に関する選択肢は不正解の可能性が高いのです。

 

 

その他

 

@ 期間・数字の入っている選択肢は不正解肢の可能性がある

出題者の視点になって考えてみると、一番簡単に問題を作る方法は、数字を入れ替えることです。
作問者は困ったときに数字を入れた選択肢を作ります。
簡単に、かつ、無限に問題が作れるからです。
選択肢に数字が出てきたら、不正解の選択肢の可能性がある
と考えてください。
もっとも、このケースは「可能性がある」程度で、「可能性が高い」とまではいえないことに注意してください。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>