勉強のいらない資格試験勉強法

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

知識がなくても資格試験の問題に正解できる?

資格試験,勉強法

何の知識がなくても資格試験問題が解ける方法について、ご紹介いたします。
紹介する方法は、10分もあればマスター可能です。
どうぞ、ご期待ください。

 

まったく知識がなくても正解の選択肢を選ぶ技術があります。
それは、妥当な選択肢を探すのではなく、妥当でない選択肢を探す方法で選択肢を見ていくのです
要するに、「あら捜し」をするわけです。
さて、「あら捜し」で選択肢を見ていくとして、どのような視点で見ていけばいいのでしょうか?
その基準は、次のとおりです。

 

(1)

 

@ 範囲を限定する語(必ず〜、当然〜、〜のみ等)が妥当でない選択肢の可能性が高いものついているもの

 

A 余計な要素(〜と同様に、〜と同じく等)が加わっているもの

 

B 内容が常識に反するもの

 

 

(2)

 

@ 文章が極端に短いもの

 

A 瑣末な知識を問うもの

 

不正解の選択肢の可能性が高いもの

 

 

(3)

 

@ 期間、数字の入っている選択肢は不正解肢の可能性が高くなる

 

 

 

なぜ知識がなくても解けるのか
なぜ、知識がなくても解けるのでしょうか?
それは、出題者の立場になれば、理由がわかります。


不正解の選択肢を見抜く方法

資格試験,勉強法

妥当でない選択肢の可能性が高いもの

 

@範囲を限定する語(必ず〜、当然〜、〜のみ等)がついているもの

 

採点の際に、紛らわしい選択肢があってはいけません。
妥当な選択肢はそのまま事実関係や定義・条文・判例等を書けばいいのですから問題はありません。
しかし、
妥当でない選択肢はどこが事実や制度などと整合しないのかを明らかにしなければなりません。
そのため、妥当でない選択肢は、文言上の曖昧さが残らないように、範囲を限定する言葉(必ず、当然〜ない、場合のみ〜等)をつけることが多くなります。

 

 

A余計な要素(〜と同様に、〜と同じく等)が加わっているもの

逆の考え方です。
妥当な文章に、余計な要素を付け加えることによって妥当でない肢を作る場合もあります。

 

 

B内容が常識に反するもの

国家試験のように公的機関等が監督し、問題が公開されるよ
常識に反した選択肢を正答とする可能性は低くうなものでは、なります。
「日本の行政機関」が監督しているのならなおさらです。
彼らは、わざわざ批判されるようなことはしないからです。
ただ、
「常識」については注意してください。
ここでいう「常識」は、世間の常識ではなく、行政機関等、出題者側の「常識」です。
注意してください。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>