記憶を定着させる方法

まず最初に書くことです。
手で覚える勢いで、とにかく書くことです。
ここで注意点ですが、ノートに参考書の内容を綺麗に参考書を写してもいいですが、時間がかかりすぎますので、走り書きでいいので、何回も書きます。
自分自身が試験の日までに記憶できればいいので、とにかく覚えるまで書きます。

・記憶を定着させる方法A
覚えたい内容を理解して、何度も書いて、でもどうしても覚えられない場合があれば、イメージで覚えます。
これはとんでもなく、現実にありえないイメージをします。
そうすることによって記憶ができるようになります。
兄弟・父母・友人・同僚などを登場させて、ありえない想像をしてもいいですし、私の場合は自分が恥ずかしい場面など、記憶したい文書から創造し記憶したりしてました。
例えば、覚えたい法律があって、その条文などが5つあれば、法律の名前と条文の頭部分を、からめて文章を作ります。
この文章をありえない状況にして、イメージで覚える形です。
この場合、イメージから法律名と条文5つが思い出せれば、OKとなります。
記憶術に関してはたくさんの商材がありますが、
そういった類のものは買ったことがありませんので、
右脳のイメージでどうにかなる場合がほとんどでした。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

健康食品