肥満による病気

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

肥満が引き起こす病気は本当にコワイ

コワイのは...
自覚症状がなく進行した場合は命に関わる病気だからです。
私は肥満で病気を複数抱えてしまいました。

 

・睡眠時無呼吸症候群。
・左片麻痺(軽度:脳梗塞になるかけたため)
・脂肪肝
・高脂血症状

 

です。
これらは複雑にからみあって体に襲いかかります。

 

私のこれらの病気との関わりをお伝えして健康のためにダイエットをはじめられるキッカケにして頂いたらうれしいです。

睡眠時無呼吸症候群

本当にコワイ病気〜睡眠時無呼吸症候群〜

 

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)という病気はお聞きになられたことがあると思います。
メディアでその病気が有名になりました。

 

平成15年に新幹線の運転手が起こした事件がキッカケでした。
では、いったいどのような症状が発生する病気かご存知でしょうか?

 

「昼間とても眠くなる」
「大いびきをかく」
「眠っている間に呼吸が止まる」
など...

 

これらの特徴を耳にされたことはあると思います。
これらの症状も悪いところです。

 

それにもましてこの病気の怖さはもっと別のところにあるのです。
それは...夜の無呼吸状態が体に悪影響を与え、じわじわと体を蝕み、生活習慣病を引き起こすのです。

ダイエットで睡眠時無呼吸症候群と、脂肪肝・高脂血症も改善

〜ダイエットで健康な体で楽しい生活〜
肥満でコワイ病気は睡眠時無呼吸症候群だけではありません。
中性脂肪、コレステロールが引き起こす高脂血症です。

 

その高脂血症が原因で
脂肪肝
動脈硬化
脳疾患
心臓疾患
が発生するのです。

 

事実、私も脂肪肝は発生していましたし、脳疾患は経験していました。
ダイエットを行う目的の一つに高脂血症を改善して健康な体を手に入れることでした。

 

ダイエットを行い体脂肪率も−12%を達成できました。
ダイエットは食事管理と体を動かすことに終始しました。

 

それと、ストレスを貯めないような心がけとストレスの解消を心がけました。
その結果、ダイエットが実践できました。

 

その結果、血液の検査を行ったところ
健康に改善されていました。

 

血液検査の主な結果です。
特に高脂血症の解消に関する検査値です。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>