保険,選び方

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子供が生まれたら学資保険?

賢い保険の選び方

「子供が生まれたら学資保険が必要」
いまだにこう考えている方が多いことに正直びっくりしています。
Nさん
「保険を見直すことはよくわかりました。本当にムダなものに入っていたのですね。でも学資保険は貯金代わりだからこれは続けていてもいいんでしょうか?」
「えー、この学資保険全然いいことないじゃないですか!これなら貯金している方が随分いいですね。子供が生まれたら学資保険って世間一般にはいうので何も考えずに入ったのに…ちょっとショックです。でももう少し遅ければ50 万円ほど損していたおですね。今のうちに知ることができてよかったです。」
Nさんはすぐに実行し、50 万円ものお金を節約することができました。
いかがでしたでしょうか?
保険の見直しは上記7つのステップを踏む事によって劇的に変わります。
また実例でもわかるとおり、すぐに実行した方のみが自分のいい保険に出会えるのです。
もう一度いいますがわかるとできるとは全く違います。
また今後年金制度が崩壊していき、自分で年金を作っていかないと大変な時代がやってきます。
自助努力の世界になっていくので自分自身が準備を怠っても誰にも文句をいうことはできません。
すぐに実行された方の多くは500 万円から1,000 万円ものお金が節約できました。
それは決して難しいことをしたわけではありません。
しかし、
「自分の将来設計に関して考えるのは面倒だ」という方。

「将来のことは将来考えたらいい」という場当たり的な考え方をする方。
「見積もりだけ欲しい」といった資料集めだけに奔走する方。
「保険料は安けりゃ安いほうがいい」という内容を重要視されない方。
は難しいかもしれません。

 

ネットで安い保険を探すか、今入られている販売員にごちそうしてもらって加入される方がいいと思います。
しかし、あなたが将来に関して真剣に考え、自分の老後は自分で守るという前向きな考えの方。
少しづつでも今から実行していきたいという積極的な方。
また、知識を得るのが大好きで自分の保険は自分の思い通りに作りたいと考えている。
保険や年金に真剣なあなたなら大丈夫です。
自分にとって最高の保険が間違いなく見つかります。
自分の保険を劇的に変えたいというのであればまず行動をおこすことが重要です。

 

 

追伸:

銀行がつぶれるこの時代、また年金改革で自己努力なしでは悲惨な老後が待っているこの時代、安心してお金のことを相談できる相手が極めて少なくなると思われます。
また、月々2万円のムダ金は30年間で720万円にもなります。
ですから、万が一の時には思い出してください。
わずかな知識と踏み出す勇気があれば、自分のムダ金を減らし、自分にとって有効な方法があることを…いつの日にかあなたのお役に立てる時が来るかもしれません。

 


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>