保険,選び方

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

自分の家がどのタイプに該当するか当てはめる

賢い保険の選び方

生命保険は複雑だと思っている方がたくさんいますが、実は保険には3つのタイプしかありません。
ここでその保険の3つの基本形について説明いたします。

 

@定期保険

これはいわゆる掛捨て保険です。
保険料が安く保障が大きいタイプがこのタイプです。
昔、予定利率が高かった頃には全く見向きもされなかった保険ですね。
しかし、ここ20年くらいは国内生保の主力商品となっています。
特徴としましては、安い保険料で大きな保障が買えるため割と気軽に入りやすいということです。
この「定期」という意味は「期間が決まっている」という意味です。
決して定期預金の定期と同じではないことをご理解してください。
ですので、例えば保険期間は10年、15年、20年といった期間だけ保障があるのです。
その保険期間を長く設定することも可能です。
(80 歳・100 歳など)
悪くいいますと、この期間の設定の仕方で一番ムダになる可能性が高い保険ともいえます。

 

※この保険(期間が短いもの)に合わない顧客層
独身者・女性・年収が500 万円以上ある世帯・子供が3 人以下の世帯

 

 

A養老保険

これは大昔、国内生保の主力商品として君臨してきた商品です。
保険料は3つのなかで一番高い貯蓄タイプの保険です。
わかりやすくいいますと死んだ時の保険金と満
期になった時の満期金が同じ金額になります。
例えば、死んだときに1000 万円、満期になった時も1000 万円というものです。
これは昔、運用利率がよかった時には非常にいい商品でした。
というのは支払総額が600 万円で、満期金として1,000 万円受け取りをすることができたのです。
もっとお金がたまった時期もありました。
しかし、今は昔ほどのリターンを期待することはできません。
ですので、実際に1,000万円の満期金を受け取るには950 万円の支払いが必要というものになっています。
貯蓄商品としての魅力は少し薄くなっていますね。
※この保険に合わない顧客層
サラリーマン世帯(保険料が高いため)

 

B終身保険

これは現在、外資系生保の主力商品となっています。
国内生保はこれに定期保険を乗っけたものですが、主契約はこの終身保険です。
これは読んで字のごとく、一生涯の保障をする保険となっています。
極端に言いますと、人間は絶対に死にますので絶対に保険金がもらえる保険なのです。
この保険は養老保険と同様に貯蓄タイプの保険です。
養老保険と違うところは満期がないという点と養老保険よりも保険料が安いというところです。
また、一生涯の保障がありますが、支払期間は自由に設定することができるので、例えば20 年間で支払いを終了させても、保険期間は一生涯あります。
そして、支払い期間が終了したあとは貯まったお金が増えていく仕組みになっているのです。
よって、お金を貯めたい方には今この終身保険の方が好まれる状況にあるのです。

 

※この保険に合わない顧客層
年収が極めて低く子供が4 人以上いる世帯

 

この上記3つが保険の基本形です。
これ以外の保険はこれらの変形となっています。
この中で自分がどの特徴に興味を惹かれたかを判断すべきです。

 

決まりましたか?ではこれまでのおさらいをしてみましょう。
1.自分の現状を知る。
2.何のために保険に入るのか明確にする。
3.保障がいくら必要なのか計算する。
4.いつまで保険が必要なのかを検討する
5.自分の家がどのタイプに該当するか当てはめる。
ここまで来ました。
しかし、ここまでくれば皆様の保険の見直しは8 割完了したことになります。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>