保険,選び方

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

保険の保障がいくら必要なのか計算する

賢い保険の選び方

もし必要以上の保障に入っていたら、万一のとき遺族はとても裕福な暮らしをすることができます。
しかし、万一のことがなければ何もなければ、掛捨て保険の場合には全くのムダ金になってしまいます。
そのムダ金が20 万円くらいならいいのですが、300 万円や500万円、場合によっては1,000 万円以上になることがあります。
こんなことをしていたら、いい保険に出会える可能性は0になるでしょう。
ですから本当に必要最小限の死亡保障額というものを考える必要があります。
では死亡保障だけを考えたらよいのでしょうか?
残念ながら死亡保障額だけを考えるというのは片手落ちと言わざるをえません。
実はもう一つ大事な事を考えないといけません。
そうです、長生きしてしまった場合のことです。
ですから必要保障額というのは死亡保障だけではなく長生きした場合のことも計算しておいてください。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>