保険,選び方

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

上手な保険の選び方や賢い保険の選び方について

賢い保険の選び方

今、日本の経済状況は、大変深刻な状況が続いております。
これまで絶対に安心と言われてきた銀行や保険会社がつぶれる時代になりました。
銀行にお金を預けても利息がゼロに近い上、ペイオフが一部解禁になり、銀行がつぶれると預金が全額補償されない事態になってきました。
今後、お金に無関心では将来とんでもない差が出て後悔することになります。
早く知っておけばよかったと思っても、後戻りはできません。
お金に関する情報に関心を持ち、良きアドバイザーより話を聞いてご自分で判断する必要があります。
有効にお金を活用するための方法をまとめてみました。
「無理なく大きな貯蓄が簡単に出来た!」
「ムダなお金を節約できた!」
と喜ばれる方法です。
この機会に大きな節約へのきっかけになることは間違いないです。
もし、有効なお金が増えたら何に使いますか?旅行・貯蓄・車・お小遣いを増やす?
…ぜひご活用いただけることを願っております。


保険を選ぶ前に自分の現状を知る

賢い保険の選び方

これは非常に重要な事です。
「敵を知るにはまず味方から」という言葉にもありますように、まず今自分が入っている保険内容について、正確に理解することが大切です。
保険の知識が少ない方でも非常にいい商品にご契約されている場合があります。
しかしその事実を知らないために、悪い商品に勧められて新たに契約をし直してしまうケースが多発しております。
具体的にいいますと、利率1%の定期預金に預けている方が、新商品がでたといって利率0.05%の商品を勧められ、新しいからという理由だけでわざわざ悪い利率の商品に入り直してしまうことがあるのです。
これは預貯金の話だから絶対にこんなバカなことをする人はいませんよね。
しかし、どういうわけか保険ではたくさんいるのです。
「知らなかった」といって済む問題じゃないですよね。
ですので、まず自分の保険についてよく理解してください。
えっ、その方法がわからないのですか?


何のために保険に入るのかを明確にする

賢い保険の選び方

日本の人口の90%以上が生命保険に加入しています。この数字は先進国ではトップの数字で、日本は保険大国なのです。
しかし、何のために保険に入っているか明確にわかっている人はほとんどいません。
どうしてこの保険に入ったのかと聞くと
「知り合いが保険会社に勤めていたから」
「付き合いで」
「なんとなく」
という方が80%以上。
もし、あなたが家や車を買うときにこんな気持ちになりますか?
「店員に勧められたから、クラウンが欲しかったけどカローラにする」
「マンションが良かったのだけど、住宅関係に知り合いが要るから一戸建てにした」
こんな事で決める人いますか?いませんよね。
でも生命保険ではいるのです。だから、いい保険には出会えないのです。
生命保険に入る目的を明確にしてください。生活費の補填、教育資金の確保、老後資金の準備、なんでも構いません。まず、目的を明確にすることです。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>