SMARTの法則で資格試験に向けた勉強を

●R → Realistic 現実的である
これは、さきほどの「同意している」とダブリます。
あと1ヶ月で、2割しかできていないのを7割にさせることは、普通、現実的ではないですよね?

●T → Timely 期日が明確
これはOKですね?

受験日は明確に決まっています。
このように、自分の目標をもう一度、捕らえ直してみてください。
もし、現時点で取得したい資格や行たい学校のレベルから、ほど遠くなっている皆さんは、★M → measurable 計測ができるこの作業をしてみましょう。
過去問を見て、達成点を設定する。
このスコアが取れるか?
なにがなんでも、取るとしたら、
「夏までになにをしなければいけないか?」
「9月までに何をしなければならないのか?」
自分自身や受験生のお子さんに問いかけてみましょう。
それで、同意できれば、努力の源泉に変わることでしょう。
この法則は、成功法則の考え方です。
是非、このSMARTの法則で勉強に取り組んで下さい。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

健康食品