資格試験勉強の効率が悪い理由

さて、この二つがわかったら「自分の特性」と「対象の特性」を見極めそこでまず「どれくらいの努力が必要か・・・」ということを見極めて欲しい。
特性に合わないような勉強法では当然、苦労もするし思った以上の努力が必要になる。
なぜ、これを先にやっておかなければいけないかというと。。。。。
何よりもこれが大事だからである!!
自分の特性に合わない勉強をして諦めていく人や落ちていく人が多いのはなぜかと言うと。。。。それはゴールが見えないからなのだ!
意味がわからないのなら実験してみよう!是非、今ここでやっていただきたい。
私が今からあなたにある2つのお願いをします。

実際にやってみましょう!
それではまず、
歩いてください!
さていかがですか?
それでは次のお願いをします。
あなたの家の冷蔵庫に入っている飲み物は全て頭が良くなる魔法の飲み物です。
今から取ってきてください!!

さていかがですか?
自分でやってわからない人は、友達でも後輩でもいいので試してみてください。
多分ほとんどの人が「歩いてください!」と言われたらフラフラと歩くでしょう。
逆に「水を取ってきて」と言われたら最短距離で取ってきてくれるはずです。

あなたが資格試験勉強の効率が悪い理由・・・・
それは、何よりも合格への距離がわかっていないからなのです。
私は「あなたに合った勉強をしなさい」と言っているのではありません。
確かにそちらのほうが効率的だし、楽だとも思います。
その距離に諦めてしまうのも一つの手です。
そして自分の特性にあった試験をうければいいのです。
もし、あなたの特性と試験の特性が遠いのならその距離を知っているから
諦めずに、やるべき事ができるのです。
そして、その特性を見極めることによって自分らしさを開発していくこともできます。
より楽に楽しく試験を選び合格することができるのです。
確実に合格する勉強法はほとんどありません。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

健康食品