勉強を始める前に己を知る

昔 SMAPの「世界で一つだけの花」というのが流行りましたね。
NO、1になる必要はないさ!あなただけのNO、1
オンリーワンになろうよ!
という曲です。
この曲を聴いて何よりもまず自分自身を知らないと駄目だと気が付いたときを思い出します。
世の中には様々な人がいます。
当然のように様々な性質の人がいるのです。
勉強方法も一緒です。
「見て覚えるのが得意な人」
「人に教えて覚えるのが得意な人」
「聴いて覚えるのが得意な人」
「体を動かして覚えるのが得意な人」
「妄想することで覚えるのが得意な人」
本当に様々な人がいます。
人には特性というものがあり、それに合わせていきていけばいいのです。
同時に資格試験も一緒です。
あなたなりの勉強方法があり、あなたに向いた勉強法があるのです。
最近、様々な勉強方法の情報がありますが
まず何よりも先に、「自分はどんな特性か?」を見極めなければならないのです。
あなたは何をやっているときによく物事を覚えるのか?
過去を振り返ってください。
よく、多くの人が若いうちに「自分は馬鹿だから」「頭が悪いから」と思って勉強自体が嫌いになる人が多いようですがそれは大間違いです。
勉強方法は一つだけじゃないんです。
様々な方法があり、あなたに合った勉強方法を探せばいいのです。
そして周りの「頭の良さ」を気にしないこと!
これがあなたにとって一番の敵になることを忘れないでください。
「でもどうやって特性を見極めるの?」
これって結構考えると思います。
この質問をしてくる人は、自分には一つの特性しかないんだ〜〜!
と思って「あれかな?」「でもこれもかな?」「いや違う!!」というように迷子になってしまいます。
しかし特性というのは、一つではなく付加価値的についてくるのです。
だからそんなに難しく考えず「これかな!」「これもあったぞ!」というように軽く考えていただいて結構なので思い出してみてくださいね。
一つだけが抜きん出ている人もいれば・・・・
複数平均的な人もいます。

大体ここでまた自分自身を嫌いになったりする人がいるようですがそれは違います。
一つだけ抜きん出ている人は「なんでもこなせるタイプ」の人を羨ましいと思い。
平均的な人は「抜きん出ている人」を羨ましいと思うのです。
あなたが他の人のようになれないように・・・・・
他の人があなたにはなれないのです。
あなたらしいあなたでいいのです。
これは勉強でも何でも一緒なのです!!
まずは己を知りましょう!!


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

健康食品