日本で結婚する場合の手続き

@最初に日本の役場に婚姻届を出してから相手国(在日大使館・領事館)に届出する場合。

■大まかな手順
(1)国際結婚手続
1.必要書類をそろえる

2.役場と在日大使館に確認する

3.役場に提出する

4.必要な書類を役所へ提出し「婚姻届受理証明書」を発行してもらう

5.在日大使館への届出をする
(2)入国手続きをする
1.在留資格証明書の取得する
2.入国する
(3)外国人登録をする
・手順の解説

(1)国際結婚手続
1.必要書類をそろえる
@婚姻届書
結婚届け、婚姻届といわれる用紙です。各市区町村の役場に備えられています。
必要事項を記入し、2人で署名、押印して提出してください。
※結婚の証人として成人2人の署名・捺印が必要です。

A戸籍謄本(日本人について必要)
本籍地の市区町村役場で発行されます。郵送でも取り寄せることができます。

B婚姻要件具備証明書
外国人婚約者が独身であり、本国(国籍のある国)に定める婚姻の用件を満たしていることを証明する文書です。
日本語の訳文(翻訳者の氏名も記入)を一緒に提出します。
翻訳は本人が行ってもかまいません。

Cパスポート
外国人婚約者の国籍を証明するために必要です。窓口によっては、コピーをとられることもあります。
※これらは必要最低限とされる書類で、場合によっては他に提出しなければいけないものもあります。


<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

健康食品